免許・登録事務のOA化とは?/免許の条件・取消しとは?

免許・登録事務のOA化とは?@

免許・登録事務のOA化というのは、
宅地建物取引業の免許と
取引主任者の登録事務をOA化し、

 

国土交通省と各都道府県をオンラインで結ぶことにより、
次のような適切な許認可事務の執行を図ろうとするものです。

免許・登録事務のOA化とは?A

■事務の簡素化を図る

 

■取引主任者の二重登録の防止

 

■悪質な業者と取引主任者の排除...など

免許・登録事務の処理システムの管理・運営は?

免許・登録事務の管理・運営については、
国土交通省と都道府県から、
(財)不動産適正取引推進機構が請け負っています。

 

なお、(財)不動産適正取引推進機構は、
平成2年から運営を開始しています。

 

スポンサーリンク

免許の条件とは?

宅建業の適正な運営と取引の公正を確保する観点から、
免許に条件を付して

 

一定の制限を加えることは、
行政庁の裁量の範囲と考えられます。

 

しかしながら、平成7年、
免許の条件の範囲を必要最小限とし、
条件違反を新たに免許取消しの事由とするために、
宅建業法改正において免許の条件が明文化されました。

 

ちなみに、どのような場合に
どのような条件を付するかというのは、
個々の具体的な事例ごとに判断されることになります。

免許の取消しとは?

国土交通大臣や都道府県知事は、
次のような場合においては、
その者の免許を取り消さなければならないことになっています。

 

■その免許を受けた宅建業者が免許の欠格要件のうち、
 一定のものに該当するに至ったとき

 

■不正の手段により免許を受けたとき

 

■業務停止処分事由に該当し、情状がとくに重いとき...など

 

スポンサーリンク