免許換えとは?

免許換えとは?@

宅建業については、
次のように免許を受けることとされています。

 

■2以上の都道府県に事務所を設置する場合
・国土交通大臣の免許

 

■1の都道府県の区域内にのみ事務所を設置する場合
・都道府県知事の免許

免許換えとは?A

この場合には、例えば次のように、
事務所の増設・廃止・移転により
免許権者が変更することがあります。

 

■甲県内にしか事務所を設置していなかったAが、乙県内にも事務所を設置したとき
⇒ 甲県知事免許から国土交通大臣免許に変更しなければなりません。

 

■甲・乙の両県内に事務所を設置していたAが乙県内の事務所を廃止したとき
⇒ 国土交通大臣免許から甲県知事免許に変更しなければなりません。

 

■Aが甲県内の事務所を乙県内に移転して、甲県内には事務所がなくなったとき
⇒ 甲県知事免許から乙県知事免許に変更しなければなりません。

 

しかしながら、一方に廃止等の届出をして
新たに免許の申請をすると、

 

新たな免許が下りるまでは、
宅建業を営むことができなくなるという不都合が生じます。

 

そのため、宅建業法では、
新しい免許申請書を従前の免許権者に提出し、

 

従前の免許権者を経由して
新たな免許を取得する(免許換え)場合には、

 

新しい免許が下りるまでの間は、
従前の免許で営業できることとしています。

 

免許換えというのは、この手続きのことをいいます。

 

スポンサーリンク