固定資産税の免税点とは?/免許とは?

固定資産税の免税点とは?

固定資産税の免税点というのは、
同一市町村の区域内において、
所有者が有する、土地、家屋、償却資産について、

 

それぞれの課税標準額の合計額が、
一定の額に満たない※場合は、
固定資産税を課することができないとする金額のことをいいます。

 

※土地30万円未満、家屋20万円未満、償却資産150万円未満です。

固定資産税の免税点の例外は?

市町村の財政上
特に必要と認めた場合には、

 

条例によって、
免税点未満でも
課税することができることになっています。

免許とは?

日本国憲法においては、
職業選択の自由の一環として、
営業の自由も保障されています。

 

ただし、この自由も当然
「公共の福祉のため」という制限を受けます。

 

つまり、営業活動を自由に認めることにより、
社会秩序を乱すようなことは許されず、

 

このようなおそれのある場合には、
免許、許可等の制限を設けて制限することになっているのです。

免許の種類は?

免許は、
次のような場合に用いられます。

 

■法令による一定の行為の一般的禁止を、公の機関が特定の場合に解除すること、
 つまり、許可の場合に用いられる場合です。

 

■国家の権利に属する行為につき、特定の者にこれをすることができる権利を付与すること、
 つまり、設権行為としての特許の意味に用いられる場合です。

 

スポンサーリンク