特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る譲渡人の会計処理に関する実務指針とは?

特別目的会社を活用した〜の会計処理に関する実務指針とは?@

「特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る
 譲渡人の会計処理に関する実務指針」

というのは、

 

平成12年に
日本公認会計士協会が公表した実務指針のことです。

特別目的会社を活用した〜の会計処理に関する実務指針とは?A

この「特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る
譲渡人の会計処理に関する実務指針」
の目的は、

 

不動産流動化における
不動産の譲渡人の会計処理を統一化することにあります。

特別目的会社を活用した〜の会計処理に関する実務指針の内容は?

不動産の譲渡人が、
SPCに不動産を譲渡して

 

自身のバランスシートから切り離す際のオフバランス認定と
真正売買の解釈というのは、

 

従来は、
個々の公認会計士の判断に委ねられていました。

 

しかしながら、実態的には、
金融取引に近いものまでが含まれていたので、

 

会計監査実務上の問題を整理する目的で、この
「特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る
譲渡人の会計処理に関する実務指針」

が制定されました。

 

その中心的な内容は、
「5%ルール」
と呼ばれる
不動産のリスクと経済価値の移転に関する基準と、

 

「継続的関与」
と呼ばれる
売買後の譲渡人の関与に関する指針になります。

TMKとは?

TMKというのは、特定目的会社の略称です。

 

スポンサーリンク