固定金利選択型住宅ローンとは?

固定金利選択型住宅ローンとは?

固定金利選択型住宅ローンというのは、
金融の自由化の進展を背景に、
民間金融機関が販売している住宅ローンの1つです。

 

固定金利選択型住宅ローンは、
一定の固定金利期間を設定し、

 

その期間中は市場金利が変動しても、
返済額が変わらないものをいいます。

固定金利選択型住宅ローンの固定金利期間は?

固定金利選択型住宅ローンの固定金利期間は、
3年、5年、10年等で、

 

固定期間終了後、
その時点の金利水準によって改めて金利が見直されます。

 

なお、同様に固定と変動の
どちらかを選択できるタイプもあります。

固定金利選択型住宅ローンの金利は?

固定金利選択型住宅ローンの貸出し金利は、
プライムレート等に連動して決定されます。

 

ただし、見直しの時期や方法、水準は、
個々の金融機関によって若干の差異があります。

 

スポンサーリンク

告示とは?

告示というのは、国などの公の機関が、
その決定した事項やその他の一定事項を

 

公式に広く一般に知らせること、
および知らせるための形式のことをいいます。

 

各省大臣、各委員会および各庁の長官は、
その機関の所掌事務について、
公示を必要とする場合には、告示を発することができます。

具体的には?

例えば、宅地建物取引業者が、
宅地や建物の売買等に関して受け取ることのできる報酬の額
というのは告示によります。

 

スポンサーリンク