高齢者円滑入居賃貸住宅とは?/高齢者居住法、高齢者向け優良賃貸住宅とは?

高齢者円滑入居賃貸住宅とは?

高齢者円滑入居賃貸住宅というのは、
高齢者の入居を受け入れることとしている賃貸住宅のことです。

 

また、高齢者円滑入居賃貸住宅は、
都道府県知事の登録を受けた建築物のことをいいます。

登録を受けた賃貸住宅は?

都道府県知事の登録を受けた
高齢者円滑入居賃貸住宅は、

 

高齢者居住支援センター※が行う
入居高齢者の家賃債務保証を受けることができます。

 

なお、高齢者円滑入居賃貸住宅の登録簿は、
一般の閲覧に供されます。

 

※(財)高齢者住宅財団が指定しています。

高齢者居住法とは?

高齢者居住法というのは、
「高齢者の居住の安定確保に関する法律」を略したものです。

 

高齢者居住法は、
優良な高齢者向け住宅の効率的な供給を促進し、

 

高齢者が安心して生活できる住環境を実現することを目的として、
平成13年10月に施行された法律です。

 

スポンサーリンク

高齢者居住法の整備は?

高齢者居住法は、
次のような制度等により整備・導入が図られています。

 

■バリアフリー化された賃貸住宅への国と地方公共団体等による補助制度

 

■終身建物賃貸借制度

 

■高齢者の入居を拒まない住宅の情報を広く提供するための制度

 

■高齢者の既存持家をバリアフリー化するための支援制度...など

高齢者向け優良賃貸住宅とは?

高齢者向け優良賃貸住宅というのは、
バリアフリー構造を有するなど、

 

良好な居住環境を備えた、
高齢者向けの賃貸住宅のことをいいます。

 

また、高齢者向け優良賃貸住宅は、
その整備や管理に関する供給計画について、
都道府県知事の認定を受けて供給される賃貸住宅です。

 

なお、入居の募集に先立って、
高齢者円滑入居賃貸住宅の登録の申請をする必要があります。

高齢者向け優良賃貸住宅のメリットは?

高齢者向け優良賃貸住宅の認定事業者は、
その整備に要する費用や家賃の減額に要する費用について、
国と地方公共団体から補助を受けられます。

 

また、既存住宅を購入してバリアフリー化を行う場合には、
その既存住宅の購入について、
住宅金融公庫の融資が受けられます。

 

※現在は、住宅金融公庫は廃止されています。

 

スポンサーリンク