用途地域と周辺環境

用途地域とは?@

土地は「用途地域」として、次のように分けられていて、
使用に制限が設けられています。

 

また、用途地域によっては、建ぺい率や容積率も異なります。

 

■住居地域
■商業地域
■工業地域など

用途地域とは?A

さらに、住居専用地域には
次のような区分があります。

 

■第1種低層
■第2種低層
■第1種中高層
■第2種中高層

 

たとえば、第1種低層住居専用地域ですと、
低層住宅のみなので好環境ということになります。

 

このように、用途地域からは周辺環境が見えてきますし、
将来の環境の変化もある程度予測できます。

周辺の環境の確認は?

駅から近いとか、
ベランダの前が駐車場なので日当たりがよい、
といったメリットは、

 

あっという間にデメリットに変わってしまうことがありますので
注意が必要です。

 

駅から近い繁華街のために
カラオケボックスができたとか、

 

駐車場にビルが建って
日が当たらなくなったというのはよくある話だからです。

 

なので、もし周辺に空き地があるのであれば、
将来の利用計画について、

 

下見の際に近隣の人に聞いたり、
不動産会社の担当者や役場に聞いたりして、
デメリットとなりそうな要素を確認しておくようにしましょう。

 

それから、地歴も重要です。

 

つまり、その建物が建つ前は何だったのかということです。

 

もし建物が建つ前は水田や沼であったりすると、
地盤が不安ですし、

 

工場であった場合には
土壌の改良が必要になるかもしれません。

 

そういった地歴のある場合には、
きちんと処置が行われているかも確認するようにしましょう。

 

スポンサーリンク