借地権でも住宅ローンは組める?

借地権とは?

借地権というのは、
建物の所有を目的として土地を利用する権利のことです。

 

また、「定期借地権」というのは、
一定期間(50年以上など)後に借地契約が消滅し、

 

地主に土地を返還するものですが、
これを利用してマイホームを持つということも行われています。

定期借地権でも住宅ローンは借りられるのですか?

定期借地権では、毎月の地代が必要になりますが、
土地を買うわけではないので、

 

マイホーム資金として最初に支払うのは、
以下のもののみとなります。

 

■借地権の保証金
■建築費

 

住宅ローンについては、
購入物件と同じ額というわけにはいきませんが、
フラット35でも借りることができます。

借地借家法の改正について

借地権というのは
「借地借家法」という法律に定められていますが、
この法律は平成4年に大改正されています。

 

それ故、借地権が設定された時期によっては
改正前の契約が残っている場合があります。

 

新法と旧法では
借地契約期間の上限などが異なるので注意が必要です。

旧法の場合はどのようにして見分ければよいですか?

旧法の場合は、物件情報に
「土地借地権、地代○万円、(旧)10年」などとありますので、

 

この場合でしたら、旧借地権の存続期間が10年あり、
旧法のまま契約を引き継ぐということを意味します。

 

スポンサーリンク