返済方法と返済期間での有利・不利

返済方法にはどのようなタイプがあるのですか?@

返済方法には、次のような様々なタイプのものがあります。

 

■元利均等返済
■元金均等返済
■ステップ返済
■退職金一括返済

返済方法にはどのようなタイプがあるのですか?A

借入額や金利、返済期間が同じでも、
返済方法の違いによっては

 

毎月返済額が大きく変わってきますので、
返済方法の選択については十分注意したいところです。

返済期間は長くすると有利ですか?

返済期間を長く設定すると
月々の返済額は少なくなりますが、

 

それだけ多く利息がかかってしまうので、
総返済額は大幅に増えてしまいます。

 

ということで、どちらを選択するにしても
一長一短があるのですが、

 

繰り上げ返済を活用すると
両方のメリットを活かすことができます。

繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済というのは、返済の途中で
ローン残高の一部または全部を返済するというものです。

 

住宅ローン借入時に
長期返済を設定して、毎月返済額を少なくし、

 

資金面でゆとりが出てきたときに
繰り上げ返済をして、返済期間を短縮すると、
かかってくる利息を減らすことができます。

 

この方法は、比較的年齢が若くて、
現在は収入が少ないけれど、
将来的には増えていく見込みの人にメリットがあります。

 

スポンサーリンク