頭金が2割なくても買えるケースとは?/優遇ローン、提携ローン付き物件、社内融資...

頭金が2割なくても買えるケースとは?

頭金が2割なくても買えるケースには、
次のようなものが考えられます。

 

■優遇ローンの活用
■提携ローン付き物件の購入
■社内融資の活用...など

優遇ローンの活用とは?

民間金融機関のなかには、
一定の条件を満たしている利用者に対して、
次のような優遇ローンを提供しています。

 

■退職金一括払いローン
退職金一括払いローンは、定年退職を間近に控えた人向けの商品です。

 

■無担保ローン
無担保ローンは、自己資金不足の人向けの商品です。

提携ローン付き物件の購入とは?

「提携ローン」付きの
分譲住宅を購入するという方法です。

 

この提携ローン付き物件というのは、
分譲会社と金融機関が提携して

 

販売物件に住宅ローンを付けたものですが、
物件価格の95〜100%まで貸し出しているケースも多いです。

社内融資の活用とは?

社内融資を活用して、住宅ローンを借りるという人の場合は、
頭金2割というのは気にしなくてもよいケースが多いです。

 

というのは、通常、社内融資というのは
担保(抵当権)を取りませんので、

 

融資率8割程度という
金融機関の基準をクリアできるからです。

 

社内融資はメリットも多いですので、
利用できるかどうか勤務先に確認してみましょう。

 

スポンサーリンク