固定金利選択型の使い方は?

銀行の住宅ローンの金利タイプにはどのようなものがありますか?

銀行の住宅ローンの金利タイプは、
金融情勢により金利が代わる変動金利型が基本になっていますが、

 

契約時に決めた一定期間に限り
固定金利が適用される固定金利選択型や、
フラット35のような長期固定金利型などもあります。

上限金利付きというタイプはどのようなものですか?

変動金利型の一種として、
上限金利付きというタイプもありますが、

 

これは、金融情勢が変化しても
最初に設定された金利以上にはならないというものです。

 

これでしたら、将来急激に金利が上昇した場合でも、
未払い利息が発生するリスクは小さくてすみます。

固定金利選択型はどう使ったらよいのでしょうか?

固定金利選択型には、
2年、3年、5年、10年などの期間があり、
いずれかを選択することができます。

 

通常は、固定金利期間が
長期にわたるほど金利は高くなりますが、

 

これは、中長期的には景気が回復し
金利が上昇することを見越しているためです。

 

なので、10年を超えるような固定金利期間のものよりも、
2年、3年の短期の固定金利期間のもののほうが、
低金利の恩恵を受けられます。

 

とはいえ、今後急激に金利が上昇した場合には、
短期の固定金利期間では、期間終了後の金利上昇が大きく、

 

低金利のメリットまで失われる可能性もありますので、
長期の固定金利期間のほうが有利とも考えられます。

 

スポンサーリンク