住宅ローンはどこで取り扱っているの?/民間金融機関、フラット35、財形住宅融資、専門会社...

住宅ローンを取り扱っているのは?@

住宅ローンを取り扱っているのは、
財形住宅融資や各自治体が独自に行う公的融資、

 

銀行をはじめとする民間金融機関など、
様々なものがあります。

住宅ローンを取り扱っているのは?A

これまでは住宅ローンといえば住宅金融公庫が基本でしたが、
平成19年3月に廃止され、

 

それに代わって、
民間金融機関などが主体となりつつも
公的なバックアップのある、フラット35が登場しました。

 

公庫の廃止に伴って、
民間の住宅ローンの顧客獲得競争も激化しています。

 

銀行だけでなくノンバンクや不動産会社、
金融以外の企業が出資する住宅ローン会社、
外資系の金融機関などが次々に参入してきています。

 

インターネットを活用してコストを抑えるとともに、
低金利を提供するところも増えてきました。

 

具体的には次のようなところです。

 

■民間金融機関
・銀行(都市銀行、地方銀行、信託銀行など)、生命保険会社、信用金庫、
JA、ろうきん...など

 

・外資系金融機関(GEマネー、モルガン・スタンレー証券など)

 

■フラット35
・民間金融機関などが、住宅金融支援機構の住宅ローン証券化を活用して行う
長期固定金利型のローンです。

 

■財形住宅融資
・財形貯蓄をしている人が利用できます。

 

■住宅ローン専門会社など
・住宅ローン専門会社・ノンバンク(他業種などが行います。日本住宅ローン、
トヨタファイナンス、日立キャピタルなど)。

 

・インターネットで展開するところもあります(SBIモーゲージなど)。

 

■自治体融資
・県や市など自治体が行います。

 

■社内融資
・会社が社員に対して行います。

 

スポンサーリンク

自分に合った住宅ローンはどのように選んだらよいのでしょうか?

数多くの住宅ローンのなかから、
有利なもの、自分に合ったものを選択することになりますが、

 

不動産会社などではローン返済のシミュレーションが行われ、
特定の銀行などを紹介されることもあると思われます。

 

ただし、他と比べて必ずしも有利とは限りませんので、
自分でもローンを探して試算してみることをおすすめします。

 

なお、複数の金融機関の住宅ローンを
組み合わせることも可能な場合もあります。

 

組み合わせ方によって、
自分たちに合った返済プランを組み立てることも可能です。

 

ちなみに、銀行などの民間金融機関は
それぞれキャンペーン金利や優遇条件などを打ち出していますが、

 

選択肢も多くなっており、
なかなか最適なローンを選ぶというのは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク