共有名義の条件は?/フラット35の共有にするための条件は?

共有名義とは?@

「共有」または「共有名義」というのは、
それぞれの出した資金に応じて持分割合を決め、
住宅を共同で所有することをいいます。

 

マイホームは高価な買い物であるので、
夫婦や親子で資金を出し合って購入することもあるかと思います。

共有名義とは?A

例えば、妻が頭金の不足分200万円を
妻名義の預貯金から出したとします。

 

このとき、夫の単独名義で登記すると、
妻の資金は贈与を受けたものとされる場合があるのです。

 

こうした問題も
マイホームを共有にすることで避けることができます。

 

ちなみに、マイホームの共有を検討することになるのは、
次のようなケースのようです。

 

■ローン返済は夫のみが行うが、妻の貯金を頭金に充てた。
■共働きなどで、ローンの返済を夫婦で協力して行う。
■親などから3,500万円を超える資金援助を受けるが贈与にはしたくない。

 

なお、登記簿には持分割合を明記する
「共有登記」を行い、
それぞれが登記費用を負担します。

 

スポンサーリンク

フラット35の共有にするための条件は?

住宅を共有にするには、
住宅ローンを組む金融機関に認められる必要がありますが、
フラット35には次のような条件があります。

 

■すべての共有持分に住宅金融支援機構の第1順位抵当権を設定すること

 

■申込本人の共有持分が2分の1以上あること
・共有の相手が連帯債務者になるなら、申込本人と共有相手の持分を
合計して2分の1以上あればOKです。

 

■申込本人と同居すること
・申込本人の直系親族なら同居しなくてもOKです。

 

■共有の相手は申込本人の親族、配偶者※、配偶者の親族であること
・婚約者、内縁関係もOKです。

共有にする際に注意する点はありますか?

共有にするときに重要な点は、出した金額と負担額に応じて
持分割合を適正に決めるということです。

 

持分割合と実際の負担が大きく異なっていると、
贈与とみなされて贈与税がかかってきます。

 

家族で共有にすると資金面では有利ですが、
離婚や相続などで共有者の意思が統一できなくなると
紛争の種にもなりますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク