店舗や事務所を併用する場合、住宅ローンは組めるの?

店舗や事務所を併用する場合にも住宅ローンは組めますか?@

店舗や事務所を併用する場合にも
住宅ローンを組むことは可能です。

 

ただし、店舗や事務所を併用する物件の購入・建築費について
住宅ローンを利用する場合には、

 

「住宅部分の床面積が総床面積の2分の1以上あること」
という基礎条件と、

 

次のような条件を満たさなければなりません。

店舗や事務所を併用する場合にも住宅ローンは組めますか?A

その要件とは、以下のものです。

 

■店舗部分は、本人か本人と生計をともにする同居者が使用するものであって、
 賃貸ではないこと。

 

■店舗部分と住居部分を一つの建物で登記していること。
 ただし、店舗部分と住居部分は建具や衝立などで分け、
 内部で行き来ができるようにすること。

 

なお、住宅ローンの対象になるのは
住居部分のみですので注意してください。

具体的にはどうなりますか?

例えば、物件全体の購入費が6,000万円、
全体の床面積が100u、住居部分が60uということであれば、

 

購入費の60%の3,600万円(6,000万円×60%)
を限度に住宅ローンを組むことができます。

 

また、仮に売買契約書や建築請負書などで
店舗部分と住居部分の金額の内訳が明確であるならば、

 

その記載金額が
住宅ローンの限度になります。

 

スポンサーリンク

店舗部分に事業資金融資を受けることはできますか?

金融機関から、
店舗部分についても事業資金融資を受ける場合には、

 

住宅ローンと合計した借入れ金額に
見合った収入が求められます。

 

また、事業の内容、決算状況、
会社自体の借入れ状況・履歴なども審査の対象になります。

店舗や事務所を併用した住宅の増改築の場合はどうなりますか?

店舗や事務所を併用した住宅の増改築の場合は、
増改築後の住居部分が総床面積の2分の1以上であれば、
住宅ローンを組むことができます。

 

スポンサーリンク