自宅兼事務所はローンの金利を経費にできる?

購入した物件が自宅兼事務所なら、住宅ローンの金利は経費にできる?@

自宅兼事務所については、
専有部分に対する事務所使用部分の面積割合については、
住宅ローンの金利を経費にできます。

 

確定申告の際に、
その部分の住宅ローンの金利については、
地代家賃として経費に算入してください。

購入した物件が自宅兼事務所なら、住宅ローンの金利は経費にできる?A

なお、経費として算入できるのは、
あくまでも利息部分であって、

 

元本部分については
経費には算入できませんので注意してください。

自宅兼事務所の場合、どのように住宅ローンの金利を経費に算入?

例えば、専有部分が100uで、
そのうちの50uを事務所として使用していると仮定し、

 

住宅ローンの年間支払利息が60万円
だとすると、次のように計算します。

 

■事務所として使用している部分は、専有部分の1/2ですから、
 住宅ローンの年間支払利息60万円の1/2の30万円を
 確定申告で経費として算入できます。

 

ちなみに、居住用部分が専有部分の1/2ありますので、
他の要件も満たしていれば、

 

住宅ローン控除についても
年末残高の1/2の控除の適用を受けることができます。

 

スポンサーリンク