マイホーム・住宅・不動産に関する情報サイト

投資用マンションの購入に住宅ローンは利用できるのでしょうか?@

フラット35や自治体の融資は、
投資用マンションには利用できません。

 

なので、基本的には、
民間の金融機関のローンを利用することになります。

 

【スポンサーリンク】

投資用マンションの購入に住宅ローンは利用できるのでしょうか?A

といっても住宅ローンは利用できませんので、
販売会社の提携ローンを利用したり、

 

銀行やローン会社の
不動産担保ローンなどを利用することになります。

 

ただし、こういったローンは、
収入条件が厳しかったり、金利が高かったりと

 

住宅ローンとは異なるところも多いですから
事前に確認するようにしてください。

投資用マンションのローンの特徴は?

投資用マンションの特徴は次のようなものです。

 

■高金利
一般的に投資物件用のローンの金利は、
通常の住宅ローンよりも1%程度高めに設定されています。

 

金利優遇などの割引も通常はありません。

 

ただし、大手信託銀行のアパートローンなど
超大型物件については、

 

低利の固定金利で
ローンが組めるところもあるようです。

 

ちなみに、ノンバンクの不動産担保ローンでは、
3.4〜18%以上と開きがありますので、

 

よく比較したうえで
最も有利なものを選択するようにしたいものです。

 

■年収基準
投資物件用のローンの場合、年収の最低基準がかなり厳しいです。

 

銀行や信託会社でも取扱っているところもありますが、
年収500〜600万円以上のようです。

 

■金利のタイプ
投資物件用のローンは、
「短期プライムレート+α」

「6ヵ月TI-BOR+α」
などの

 

変動金利タイプが多くなっているのが特徴です。

 

また、変動金利タイプは、
市場金利の変動に左右されやすいので、

 

住宅ローンの変動金利を利用する場合よりも、
より細かい資金計画が必要になります。

 

【スポンサーリンク】